好きなもの勝手に発信!

好きなものを勝手にランキングにしていきます

スポンサーリンク

個人的おすすめ曲『シーア(Sia)』のこれだけは聴いとけBEST10

スポンサーリンク

f:id:as114:20181230234925p:plain

顔を出さないミステリアスな歌姫として人気のシーア。今回は彼女のおすすめ曲を紹介していきます!

シーア(Sia)ってどんな人?

シーアはオーストラリアの歌手・ソングライター。

1975年12月18日生まれの現在43歳

ハスキーな歌声で人気の高い彼女ですが、シンガーだけではなく楽曲提供や共同制作のプロデュースも行っています。

しかも楽曲提供しているアーティストがビヨンセやマルーン5、エミネムなどビッグ過ぎる面々なので驚き。

 

シーアは顔出しNGで知られる謎多きアーティストです。メディアに出る際やライブですら大きなウィッグで顔を覆い隠しています。

理由はメディア嫌いや病気の痕を隠すため…などいろいろ言われていますが本人からの明確なコメントはなし

とは言え、過去には顔を出して活動していたので昔のPVに出演していたりもします。

 

そんなミステリアスな彼女の、個人的におすすめな曲をランキング形式にまとめてみました!

YouTubeのMVもランキング内に貼っておくので、ぜひ見てみて下さいね♪

勝手にランキング!

10.Alive

2015年リリース。

日本の空手家である高野万優(たかの まひろ)さんがPVに出演したことで話題にもなりましたね。日本版のPVでは土屋太鳳さんが圧巻のダンスを披露していました。

この曲は歌手のAdele(アデル)と共同で制作し、元々アデルのアルバムに収録される予定だったようです。

曲名の通り「生きる」ことについて書かれた曲となっています。人生に疲れてしまった人におすすめ!

9.Ho Ho Ho

2017年リリース。曲名の「Ho Ho Ho」はサンタクロースの笑い声。

曲名から子ども向けの歌?とも思えますが内容は正反対、のんだくれの歌になります。

ただメロディーは思わず体が動いてしまうくらい明るくて好き!

PVはアニメーションで「みんなのうた」のような雰囲気が可愛らしい。のですが現在YouTubeでは見れなくなっていました…。apple musicなどでチェックしてね。

8.Soon We'll Be Found

2008年リリース。

「喧嘩なんてもうやめて寝ようよ、明日になれば仲直りできる」

歌詞がリアルで日常のちょっと疲れたときに聴きたくなる曲です。

現在は一切顔出しNGのシーアですが、こちらのPVは本人が出演する貴重な作品。

アメリカ手話で歌い踊るシーアと曲の雰囲気が凄くマッチしてる。

7.Move Your Body

2016年リリース。曲名の意味は「あなたの身体を動かして」

内容は夜の営みのこと?だと思います。セクシーな歌詞で大人っぽくて素敵。

アップテンポなリズムに迫力あるシーアの歌声、凄くカッコイイ曲です。

PVが不気味、というかちょっと怖くて凄く印象的。ぜひPVと一緒に聴いてみて下さいね。

6.Santa's Comming For Us

2017年リリース、The クリスマスソングです。曲名はそのまま「サンタが私たちのところにやってくる!」

歌詞もメロディも楽し気で、とてもハッピーな気分にしてくれます♪ホリデーじゃなくても聴きたくなる曲です。

PVが物凄く可愛いのですが、YouTubeでは現在見れないようで…

こちらの曲とHo Ho Hoが収録されたアルバム『Everyday is Christmas』は本当にシーアのアルバムか?ってくらい明るい曲が多くて楽しいです!一押し!

5.Big Girls Cry

2014年リリース。ショッキングなPVが印象的。

「タフに見えても実は傷ついてるの」泣きたくても泣けないでいる女性のSOSを歌った名曲です。聴いているとナーバスになるのに、聴くのを止められない!

暗い曲なのは確かだけど、シーアが歌うことでより一層この曲の主人公の辛さが伝わってきますよね。

この曲が収録されている大ヒットアルバム『1000 Forms of Fear』は鬱になりたい人必聴です。

4.Elastic Heart

2014年リリース。

映画『ハンガー・ゲーム2』の挿入歌で、元々失恋や辛い経験を乗り越えて本当の「愛」を見つける、という歌だったのですが映画のために一部書き直したそうです。

こちらのPVはシーアのミュージックビデオではお馴染みマディーちゃんと、実力派俳優シャイア・ラブーフが共演。

聴き終わったあとに、なんとも言えない気持ちにさせてくれる曲と映像がとてもシーアらしい。たまらん。

3.Cheap Thrills

2016年リリース。元々シーアがRihanna(リアーナ)のために制作した曲なのですが、断られてしまったため自分で歌うことに。

この曲はオリジナルバージョンとSean Paul(ショーン・ポール)のラップ入りバージョンがあり、個人的にはオリジナルが好きですね。

歌詞は「お金なんか無くなって楽しめるわ、みんなで楽しも!」とポジティブなのですが、曲のせいでどこか暗い雰囲気も感じさせます。

ちなみに、シーアはライブのときもこのPVのように歌っています(笑)後ろを向いて歌っているときもありますし、MCが話しかけても後ろを向いたままなんです。凄い。

2.The Greatest

2016年リリース。私が初見で思わず涙した曲です。(どんだけ涙腺緩いのか…)

PVの雰囲気、力強い歌声、何度も繰り返される「Don't give up」という歌詞、最高です。

この曲は2016年に起きたフロリダ州のゲイナイトクラブ銃乱射事件に捧げられたもの。

PVは同性愛者のシンボルであるレインボーカラーを顔に塗り涙を流す映像からスタートします。

サビ前の「あきらめないで、私はあきらめない」が胸に響きます。

1.Chandelier

2014年リリース。はじめてこの曲のPVを見たとき「なんだこれは」とかなりの衝撃を受けました。 日本のCMにも使用されている大ヒット曲です。

シーアもそうですが、ダンサーの少女Maddie Ziegler(マディー・ジーグラー)ちゃんが一躍有名になった曲でもありますね。

歌詞は苦境に立たされもがく女性を描いています。かなり重たい雰囲気…シーアらしくてとてもイイ。

サビにある「シャンデリアからぶら下がる」は色々な解釈があるみたいで、考察を見るのも楽しいです。

 

この曲でシーアの世界観にドハマりする人は多いでしょう。ぜひ上のPVと一緒にご視聴下さい!

 

以上、個人的おすすめシーアBEST10でした!

Siaは曲も好きなんですけど、PVでマディーちゃんの成長が見れるのも楽しい。多分Siaにハマる人はマディーちゃんのことも絶対好きになれると思います。

今回紹介しきれなかったアルバム曲など、まだまだ名曲がいっぱい!普段暗い曲を聴く人は、ぜひチェックしてみてね!